金属印刷とは

熟練の技術と経験が製品となる工程をご紹介します

金属印刷工程について

弊社では主にオフセット印刷で業務を行っています。大掛かりなシステム化された工場と違い、人の手による技術力が大いに発揮できる職場でもあります。
この方法での印刷の強みは、いぶし銀や繊細なデザインのグラデーション等、微妙な色合いを美しく表現できること、小ロットの製品製造に機敏に対応できることです。

職人ならではの高い技術を要しながら、若い力が育つオフセット印刷について、ご説明いたします。

工程1

製版作業

印刷は、白・黄色・赤・藍・墨等の単色に分けて、その色ごとの版を作成します。いわゆるアナログ印刷の工程として知られていますが、最大の特徴と強味は、コストを抑えられるので、小ロットの製品製造にも対応できるという事です。 PS板に製版フィルムを重ねて真空状態で密着させた後、強い光でPS板に絵柄を焼き付けます。
その後自動現像機に掛け、刷版が完成します。


コーティング・ベースカラーの印刷
工程2

コーティング・ベースカラーの印刷

印刷インクの定着を安定させるために、金属板に下地処理を行います。
金属特有の素材感を生かすコーティングや、仕上がりの発色を狙って、ベースカラーをコーティングする作業も用途にあわせて行います。



Free HTML5 Bootstrap Template
工程3

印刷インクの調合

印刷インクの調合作業は、季節や空気の状態でも左右される為、熟練技術を要する作業です。
食品容器などに使う製品の印刷インクには、要件を満たす機能性塗料を使用します。
複雑な形に加工される事に耐え、製品となってからの耐久性を高く保つ技術は、長きにわたって培われた技術があります。


印刷
工程4

印刷

作成した刷版に均一にインクを乗せて印刷を行います。
フルカラー印刷の場合、青・赤・黄・黒の4色に分解し、各色事に印刷を行います。
これらの色以外にも、白や金や銀などの特色、重ねる色や、補色等数多くの刷版とインクを変えて印刷を行うこともあります。

乾燥
工程5

乾燥

印刷された金属板は乾燥作業を行い、次の色を印刷するための準備をします
印刷と乾燥を繰り返し、独特の質感を風合いを作りだします。


仕上げニス
工程6

仕上げニス

印刷後の缶の特徴を生かすため仕上げニスをコーティングします。
光沢のあるツヤニス・艶消しのマットニス・皴加工を生かしたリンクルワニス・パール感のパールニス・金ニス等をデザインした缶に最も適したニスをコーティング していきます。

ワックス掛け
工程7

ワックス掛け

印刷後の成形加工で金属の表面が傷ついたり、印刷面が割れてしまわないよう、ワックスを掛けて印刷面を保護します。


何度も色を重ねることで美しい発色と質感をつくりだします。

金属印刷に関するお問合せ・ご注文はこちら

お問合せフォームへ